ホーム
サイトマップ
リンク

酵素の特徴

葉

酵素の特徴を紹介していきましょう。酵素の特徴を知ることで、上手に食べ物から消化酵素を摂ることができ、結果的には代謝酵素の不足の予防にもなるのです。

効率よく酵素を取り入れるために、その特徴を知っておいても損はないでしょう。

一つの働きをする酵素

一つの働きをする酵素

酵素の種類は数え切れないほど多いのですが、どうやって種類が分けられているのでしょうか。酵素の構造は、たんぱく質がミネラルの周りに巻きついたものです。ミネラルの種類や、巻かれているたんぱく質の巻き方で、数多くの種類に分けられるのです。

これまで発見されている酵素は3000とも5000とも言われていますが、この先もどんどん増えていくことでしょう。これほど多くの種類がある酵素ですが、一つの種類で一つの働きしかしないのです。

例えば、先のページで紹介した消化酵素のアミラーゼですが、デンプンを消化するものですね。一つの働きしかしませんので、アミラーゼはデンプンしか消化しません。他の成分を消化することはできないのです。決まった酵素が、決まった成分しか消化しないということです。

食生活が乱れると

私たちの体の中には、数多くの酵素の中で、22種類の酵素が確認されています。自分の体で消化酵素を生成することもできますが、潜在酵素の中から代謝酵素、消化酵素と分けられるのですから、酵素を使っていくと、不足してくる場合があります。その場合は、食べ物から酵素を摂り、代謝酵素と消化酵素のバランスを保たなければいけません。

しかし、不規則な生活や、食生活が乱れていると、必要な酵素が体から不足し、食べた物を十分に消化できなくなります。たんぱく質だけ消化されてもいけませんし、デンプンだけ消化されてもいけないのです。バランスよく消化されなければ意味がありません。それは、一つの種類の酵素は、一つの働きしかしないからです。

これほどまでに多くの酵素の種類がありながら、それぞれが一つの働きしかしないとなると、まだまだ発見されていない酵素がたくさんあるとは思いませんか?

酵素は熱に弱い

酵素は熱に弱い

食品からも酵素を取り入れることで、代謝酵素も消化酵素も不足しない結果を生みます。ですから食品か酵素を摂りいれることが推奨されますが、酵素は熱に弱いと言う特徴があります。ですから、加熱したものを食べても酵素は補えないということです。

せっかく酵素の入った食品でも、熱を通してしまうと酵素の働きが期待出来ないばかりか、熱を通して食べた物消化がしにくいという悪循環になってしまいます。生で食べられるものだと、有効的に酵素を摂りいれることができるでしょう。だからといって、私たちの食生活の中で、食べる物全て、生のものというわけにはいきません。

お肉を焼いて食べたのであれば、生野菜をたっぷり摂るなどの工夫をするといいでしょう。焼き魚に大根おろしがついているのも、魚の消化を大根から摂った食物酵素が助けてくれるからです。ちなみに、酵素が壊れずに生かされている温度は、48〜70度と言われています。

コエンザイム

コエンザイムは『コエンザイムQ10』として、化粧品に配合されていたり、サプリメントなども人気がありますね。コエンザイムと酵素はどんな関係があるのでしょうか。酵素を英語で言うと、『enzyme(エンザイム)』と言い、『co(補う)』がついて、『coenzyme(コエンザイム)』となり、補酵素という意味になります。Q10がついているのは、補酵素を区別するために、この記号がつけられています。要は、酵素を補うためのサプリメントのことです。あくまでも補う役割ですので、コエンザイムを摂るだけでは意味がありません。きちんとしたバランスのとれた食事をして、尚且つ酵素が不足しているというときに、コエンザイムを活用するといいでしょう。


Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  niftyクリップ  はてなブックマーク  livedoorクリップ  del.icio.us

Copyright 2013 今日から酵素生活 All Rights Reserved.